キャバクラでヘルプをするときのマナーとは?

キャバクラの「ヘルプ」って何?

クラブだけではなくキャバクラにもヘルプという役割があります。これは本指名が被った場合、指名の被った女性は席を移動することになります。

この時に指名キャストの代わりに、お客様の相手をつとめるのがヘルプです。

このヘルプには、いくつかのルールがあります。このルールを忘れて自分本位な接客をすると、周りのキャストの信頼を失うことになります。

そこで今回はヘルプで席につく場合に知っておかなければいけないことについて説明します。

ヘルプ席かどうかは、席に着く前にボーイさんが必ず教えてくれますのでしっかり確認してから行きましょう。

ヘルプ席で注意すべきこととは?

大きく分けるとヘルプ席で注意することは4つあります。

  • ルール①  お客さんにベタベタしない!
  • ルール②  番号交換はしない!
  • ルール③  指名している子の話題は極力避ける
  • ルール④  ドリンクを頼まない

以下それぞれについて説明します。

まず「ベタベタしない」ですが、もしヘルプがベタベタして、お客様がヘルプに指名替えしたいと言い出したら、ヘルプは女の子からもお店からも叱られてしまいます。目移りしやすいお客様も大勢いますので、一定の距離感を保ちましょう。

もしお客様からベタベタ触ってきた場合、○○さんに怒られますよ!と言ってハッキリ断るのがマナーです。

次に番号交換ですが、これも①と同じです。お客様に聞かれることがあっても必ず断りましょう。

口説かれることがあっても、ハッキリと断ってください。

そしてお客さんに指名している子について何か聞かれてもはっきり答えないことが大事です。

「あんまり○○さんの事私しらないですが、素敵な方ですよね~」くらいに留めておくことがベストです。

キャストは自分のお客さんにどんな嘘をついてるか全くわかりませんので指名キャストの話はできるだけ避けるのが無難です。

最後に喉が渇いても、自分からはドリンクを頼まないでください。

なんでヘルプにドリンク飲ませなければならないのか?と口には出さなくても、そう思うお客様は多いです。

もちろん気前の良いお客様で、お客様自身から勧められたときは、ありがたく頂きましょう。

場の空気をよんで臨機応変に対応することが大事です。

キャバクラ、ラウンジなどの面接の無料カンタン申し込み

◇LINEで友達に追加◇
まずはLINEで友達追加をしていただきます。
追加していただいたらご希望の条件や希望の店舗が決まっている場合は希望店舗、をメッセージにて送信していただきます。
(参考)
どんな店舗があるのか分からない。どういう条件待遇があるのかもさっぱり分からないという場合でも問題ありませんので、希望のエリアなどの分かる範囲で希望をお伝えください
 ↓
◇面接日設定◇
面接の希望日をお伝えください。スケジュール調整した上で、日時を決定します。
 ↓
◇面接の当日◇
面接の当日は当社のスタッフが約束の日時場所に迎えにいきます。店舗までご案内するのはもちろんのこと、必要であれば面談を行ってご相談の上で面接に行く店舗を決めることもできます。履歴書は不要です。
 ↓
◇面接終了後の流れ◇
面接終了後は結果がわかりしだい合否をお伝えします。
不採用の場合他の店舗やエリアをご提案いたします。
採用の場合は体験入店の希望日をお伝えください。スケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇体験入店の当日◇
顔写真つきの身分証は必ずご持参ください。
また当日確認のご連絡をしますので必ずご返信をお願いします。キャンセルもしくはリスケ希望の場合も遠慮せずお気軽にご報告ください。日程変更の調整をします。
 ↓
◇体験入店の後◇
合否がわかり次第報告します。不採用の場合は他の店舗のご提案もいたします。採用の場合、本入店の希望日をお伝えください。もちろん採用の場合も更に他の店舗も見たいから保留とかでも問題ありません。
 ↓
◇入店以降のサポート◇
入店後も「客層の雰囲気が合わない」「提示された待遇が最初の話と違う」など、働きだして感じたことなどお気軽にご相談ください。当社が代わりの窓口となって店舗様と交渉します。

以下がLINEでの応募フォームになります。

ラウンジやキャバクラの面接と体入もスムーズに案内します。

LINEアイコン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です