ナイトワークと学校のバランスを取る方法とは?

ナイトワークと学校を両立させるには?

若い女性を中心に人気があるキャバクラやガールズバーのナイトワークです。

頑張りようによっては、たった数週間で昼職の何倍ものお給料を稼ぐことができるほどの好待遇が魅力的で、女性だけの特権とも言えます。

ナイトワークのお仕事は、とくに大学・専門などの学生からの人気が高く、学校に通いながらもキャバクラなどでお仕事を始める方が多いです。学生は比較的時間にも余裕がありますし、年齢も若くて容姿レベルも高いのでキャバクラやガールズバーのナイトワークでも稼ぎやすいのですが、たくさん稼げるからこそナイトワークと学校のバランスを取ることが難しく、後々になって後悔してしまう方も少なくはありません。

今日は学生がナイトワークと学校のバランスを崩すと何がマズイのかについてご紹介します。
ナイトワークで働きたい学生、すでに働いている学生はぜひ参考にしてください。

留年のリスク

ナイトワークと学校のバランスが取れなくなってしまうと、学校を卒業できず留年してしまうリスクが非常に高くなってしまいます。

最近は昼キャバなどのジャンルも新しく登場してきましたが、キャバクラやガールズバーなどのナイトワークのお店は通常は夜に営業していることがほとんどです。つまり夜型の生活になりやすいのです。

深夜1時まで働くことが多く、帰宅して寝る頃には深夜の2時や3時を回ってしまっていることも珍しくはありませんので朝から始まる講義に寝坊してしまうことが起きてしまいやすいです。

最初のうちは「今日だけはいいか……」と見過ごしてしまうのですが、それを繰り返しているうちに単位をどんどん落としてしまい、気がつけばどう頑張っても卒業できない!という状況に陥ってしまう場合があるので気をつけなければいけません。

就活が始まると更に注意

また卒業する上での単位は大丈夫!と思っていても、就職活動の期間は別に注意が必要です。

就職活動は大学の場合4年生の6月よりスタートすることになっていますが、じつはこの時点で単位が100単位以上なければ、企業から「この学生は卒業できるか危うい」という判断をされてしまうことがあります。

時間に余裕があるとキャバクラにシフトをどんどんいれてたくさん稼ぎたくなってしまう気持ちはわかりますが、やりすぎると就職活動の際に不利になってしまいますので、学生は就職活動の期間のナイトワークのバイトとのバランスには注意が必要です。

金銭感覚にも気をつける

一般的な金銭感覚が狂いやすくなってしまうのも、ナイトワークと学校のバランスが崩れることで起こるデメリットと言えます。

ナイトワークと学校のバランスが取れないということは、多くの学生が「たくさん稼げることが魅力でナイトワークのお仕事に没頭しているから」ということがほとんどです。

自分がナイトワークで稼げるお給料の基準ができてしまうので、就職後にもらえる一般的な企業の給料が少なく感じてしまうのが危険です。

没頭しすぎて、一般的な金銭感覚を忘れないように注意しましょう。

キャバクラ、ラウンジなどの面接の無料カンタン申し込み

◇LINEで友達に追加◇
まずはLINEで友達追加をしていただきます。
追加していただいたらご希望の条件や希望の店舗が決まっている場合は希望店舗、をメッセージにて送信していただきます。
(参考)
どんな店舗があるのか分からない。どういう条件待遇があるのかもさっぱり分からないという場合でも問題ありませんので、希望のエリアなどの分かる範囲で希望をお伝えください
 ↓
◇面接日設定◇
面接の希望日をお伝えください。スケジュール調整した上で、日時を決定します。
 ↓
◇面接の当日◇
面接の当日は当社のスタッフが約束の日時場所に迎えにいきます。店舗までご案内するのはもちろんのこと、必要であれば面談を行ってご相談の上で面接に行く店舗を決めることもできます。履歴書は不要です。
 ↓
◇面接終了後の流れ◇
面接終了後は結果がわかりしだい合否をお伝えします。
不採用の場合他の店舗やエリアをご提案いたします。
採用の場合は体験入店の希望日をお伝えください。スケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇体験入店の当日◇
顔写真つきの身分証は必ずご持参ください。
また当日確認のご連絡をしますので必ずご返信をお願いします。キャンセルもしくはリスケ希望の場合も遠慮せずお気軽にご報告ください。日程変更の調整をします。
 ↓
◇体験入店の後◇
合否がわかり次第報告します。不採用の場合は他の店舗のご提案もいたします。採用の場合、本入店の希望日をお伝えください。もちろん採用の場合も更に他の店舗も見たいから保留とかでも問題ありません。
 ↓
◇入店以降のサポート◇
入店後も「客層の雰囲気が合わない」「提示された待遇が最初の話と違う」など、働きだして感じたことなどお気軽にご相談ください。当社が代わりの窓口となって店舗様と交渉します。

以下がLINEでの応募フォームになります。

ラウンジやキャバクラの面接と体入もスムーズに案内します。

LINEアイコン

大学生がキャバクラで働くメリットとは?

実はメリットだらけの「大学生キャバ嬢」

小学生や中学生の将来なりたい職業ランキングでキャバ嬢が10位以内にランクインするような時代になりました。

それもあって最近だとキャバ嬢として勤務できる18歳〜20代前半の大学生のキャバ嬢がとっても増えてきているのが特徴です。

大学生なのにキャバ嬢なんてちょっと心配と思うかもしれませんが、しっかり目標意識を持って働けば、普通のバイトより稼げる上に時間を効率よく使えるし、さらに社会に出てから役に立つマナーまで身についてしまう職業でもあるのでメリットは多いです。

今回は大学生がキャバ嬢になるメリットをご紹介します。

効率よく稼げる

キャバ嬢のバイトはとにかく時給が良いのが第一のメリットです。

コンビニやレストランのバイトだと、良くて時給1200円がやっとのところキャバ嬢なら未経験でも時給2500円~4000円以上までもらえてしまう可能性があります。
普通のバイトよりも短時間で稼げるので、余った時間を効率よく使えるのは忙しい大学生にとって何かと都合が良いです。

しかも出勤も週に1、2日~OKのところも多い上に、「この週はテスト前だからシフトを減らして…」などの希望にも柔軟に対応してくれるのです。

反対に出勤日数が多ければ多い程、指名のお客様が増えれば増えるほどお給料にも還元されるので頑張り甲斐もあります。

気配り上手になれる

キャバクラに来るお客様はオジサマ世代から20、30代のお客様まで様々、しかし半数以上は40代後半~のお客様です。毎日幅広い年代のお客様と会話していると、自然と会話が上手になっていきます。

年上と会話することが身に付いてるので、就活の際、面接官とスムーズに会話が成立するなんて隠れたメリットもあります。また盛り上げ重視の話しから年上の男性が好みそうな話題まで自然に出てくるようになるので、社会人になってから役立つことも案外多いので学べることが多いです。

さらに、マナーも身について、相手が心地良いと思うような気配りができるようになります。

こういうことは普通のバイトだと教えてもらえないことがほとんどなので、いざ新社会人として入社したときに他の新入社員と比べて差をつけることができるというのも大学生がキャバクラでバイトするメリットです。

可愛くなれる・綺麗になれる

キャバクラのバイトをしていると、どんどんキレイになっていくのもポイントとしては大きいかもしれません。
というのもキャバクラには可愛い女の子がたくさん働いているので、そんな女の子たちを見て働いているうちに自分もどんどんあか抜けてキレイになっていきます。

お金が稼げるのでオシャレにも気を使えるようになり、指名を頂くことも増えて…の良いループが始まればどんどん進化していきます。またドレスを着るのでスタイルにも気を使うようになっていきます。

キャバクラ、ラウンジなどの面接の無料カンタン申し込み

◇LINEで友達に追加◇
まずはLINEで友達追加をしていただきます。
追加していただいたらご希望の条件や希望の店舗が決まっている場合は希望店舗、をメッセージにて送信していただきます。
(参考)
どんな店舗があるのか分からない。どういう条件待遇があるのかもさっぱり分からないという場合でも問題ありませんので、希望のエリアなどの分かる範囲で希望をお伝えください
 ↓
◇面接日設定◇
面接の希望日をお伝えください。スケジュール調整した上で、日時を決定します。
 ↓
◇面接の当日◇
面接の当日は当社のスタッフが約束の日時場所に迎えにいきます。店舗までご案内するのはもちろんのこと、必要であれば面談を行ってご相談の上で面接に行く店舗を決めることもできます。履歴書は不要です。
 ↓
◇面接終了後の流れ◇
面接終了後は結果がわかりしだい合否をお伝えします。
不採用の場合他の店舗やエリアをご提案いたします。
採用の場合は体験入店の希望日をお伝えください。スケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇体験入店の当日◇
顔写真つきの身分証は必ずご持参ください。
また当日確認のご連絡をしますので必ずご返信をお願いします。キャンセルもしくはリスケ希望の場合も遠慮せずお気軽にご報告ください。日程変更の調整をします。
 ↓
◇体験入店の後◇
合否がわかり次第報告します。不採用の場合は他の店舗のご提案もいたします。採用の場合、本入店の希望日をお伝えください。もちろん採用の場合も更に他の店舗も見たいから保留とかでも問題ありません。
 ↓
◇入店以降のサポート◇
入店後も「客層の雰囲気が合わない」「提示された待遇が最初の話と違う」など、働きだして感じたことなどお気軽にご相談ください。当社が代わりの窓口となって店舗様と交渉します。

以下がLINEでの応募フォームになります。

ラウンジやキャバクラの面接と体入もスムーズに案内します。

LINEアイコン

学校で忙しいという学生の方やお昼のお仕事が忙しいという方にとって、キャバクラにありがちなノルマやペナルティーはプレッシャーにもなりやすくストレスにもなりえます。学業が優先、お昼のお仕事が優先といった方には、ナイトワークバイトのかけもちは負担になりえます。そんななか、ノルマもなし、ペナルティーもなし、そして空いた時間で出勤するもOKといった自由度も高く気軽にかけもちできるバイトとしてラウンジのバイトがいま女性のあいだで大きな人気となっています。ラウンジはその店舗の多くが西麻布、恵比寿、六本木を集中しています。そんなラウンジのバイト求人を専門に扱っている情報サイトを紹介したいと思います。人気のラウンジバイトを、未経験者にも分かりやすくお仕事内容や給料待遇を詳しく解説することで紹介しており欲しい情報を検索しやすいオススメのサイトです。厚生労働省認可の有料職業紹介事業許可も取得している信頼性の高いサイトですので安心して利用できるのも魅力です。ぜひともご参考ください。人気バイトの西麻布六本木ラウンジ

ナイトワークをするとなりやすい体調不良に注意

ナイトワーク特有の体調不良があります

キャバクラのお店で働くキャバ嬢といえば、「夜~深夜帯でのお仕事」や「沢山お酒を飲むお仕事」などのイメージを持つ人が多いと思います。

不規則な仕事、お酒を飲む仕事なのもあって心配になるのは、「体調管理」です。

今回はこれからキャバ嬢として働く人や、すでにキャバ嬢と働いてる人向けに、ナイトワークで働いていると陥りやすい体調不良について紹介します。しっかりとチェックしてケアしていきましょう。

なぜ体調を崩しやすいか?

キャバクラが営業しているのは夜~深夜帯の時間です。つまりキャバ嬢が出勤するのも夜~深夜帯になります。
さらにアフター等がある時は、帰宅時間が早朝になってしまうなんてこともあります。

当然ですが出勤時間に合わせて起きたとしても夕方等になってしまうので、必然的に体内時計が狂ってしまい、夜型の生活になってしまうのです。

夜型の生活に慣れてしまうと、いざ体調が悪い時でも病院の受付時間に起きることが難しくなってしまい、なかなか病院に足を運ぶことができずにいるうち、症状が悪化してしまい、治りずらくなってしまうのが厄介です。

それ以外にもナイトワークで働いていると体調を崩しやすい理由はあります。

一番の理由はストレスが多いことです。

キャバクラで働くキャバ嬢のほとんどが、多くのストレスを抱えています。
キャバ嬢のストレスの理由として大多数を占めているのが、売り上げやノルマに関してです。

頑張って接客をしても、お客様に気に入って貰えなければ、次の指名や売り上げに繋がりませんし、ノルマを設けているキャバクラの場合、売り上げノルマを達成できないキャバ嬢はお給料を下げられてしまう、罰金を取られてしまう可能性があるのです。

そのためキャバ嬢は、常にノルマのプレッシャーを感じながら働くためストレスを感じることが多いのでそれが体調不良に繋がりやすいのです。

どんな体調不良が多いか?

体調不良一括りにしても様々な症状があります。今度は具体的にキャバ嬢がなりやすい体調不良をご紹介します。

一番多いのが寝不足です。

キャバ嬢の仕事は、お店に出勤している時だけでなく、お店の営業時間前にお客様とご飯等に行く「同伴」や、営業終了後にお客様と飲みに行く「アフター」も大事な仕事に入ります。

同伴する場合、お店の営業時間前にお客様と会うため、通常の出勤時よりも早く起きなくてはならないですし、アフター時にはお店の営業時間後に行くため帰る時間も遅くなってしまいます。

必然的に睡眠時間が短くなり、寝不足になってしまうのです。

次によくある体調不良が冷え性です。

店内の気温は、ご来店されるお客様(スーツを着た男性をイメージしてください)に合わせて調節しているため、夏は冷房が強く、冬はあまり暖房が効いてない事が多いのです。

反対にキャバ嬢のほとんどが、一年中肩や足が出ているタイプのドレスを着ることが多いため、身体が冷えやすく、冷え性になってしまいます。

お酒を飲むので当然二日酔いもあります。

ほとんどのキャバ嬢がお店に出勤している時や同伴・アフター等、連日多くのお酒を口にします。いくらお酒が強いキャバ嬢でも、毎日沢山のお酒を飲むとなると二日酔いになってしまいます。

また風邪も案外多い体調不良の一つです。

キャバクラでは、キャバ嬢が仕事中にマスクを着けることができません。キャバ嬢はお客様の隣に座って会話を楽しむお仕事なので、マスクをしたまま接客をするのは失礼にあたってしまうからです。

それだけではなく店内には多くの人がいるのに加えて、お客様のキープボトルのお酒をいただく際、お酒はグラスにつぎ足しで作り、お酒を混ぜるマドラーもお客様と共有のため、気付かないうちに風邪を引いてしまうことが多いのです。

自然と風邪をひきやすい環境になっていることは理解しておいた方が良いです。

またお客様との付き合いを大事にしつつ、体型維持をするために無理なダイエットを繰り返して体調を崩してしまうキャバ嬢も多いのです。

キャバクラ、ラウンジなどの面接の無料カンタン申し込み

◇LINEで友達に追加◇
まずはLINEで友達追加をしていただきます。
追加していただいたらご希望の条件や希望の店舗が決まっている場合は希望店舗、をメッセージにて送信していただきます。
(参考)
どんな店舗があるのか分からない。どういう条件待遇があるのかもさっぱり分からないという場合でも問題ありませんので、希望のエリアなどの分かる範囲で希望をお伝えください
 ↓
◇面接日設定◇
面接の希望日をお伝えください。スケジュール調整した上で、日時を決定します。
 ↓
◇面接の当日◇
面接の当日は当社のスタッフが約束の日時場所に迎えにいきます。店舗までご案内するのはもちろんのこと、必要であれば面談を行ってご相談の上で面接に行く店舗を決めることもできます。履歴書は不要です。
 ↓
◇面接終了後の流れ◇
面接終了後は結果がわかりしだい合否をお伝えします。
不採用の場合他の店舗やエリアをご提案いたします。
採用の場合は体験入店の希望日をお伝えください。スケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇体験入店の当日◇
顔写真つきの身分証は必ずご持参ください。
また当日確認のご連絡をしますので必ずご返信をお願いします。キャンセルもしくはリスケ希望の場合も遠慮せずお気軽にご報告ください。日程変更の調整をします。
 ↓
◇体験入店の後◇
合否がわかり次第報告します。不採用の場合は他の店舗のご提案もいたします。採用の場合、本入店の希望日をお伝えください。もちろん採用の場合も更に他の店舗も見たいから保留とかでも問題ありません。
 ↓
◇入店以降のサポート◇
入店後も「客層の雰囲気が合わない」「提示された待遇が最初の話と違う」など、働きだして感じたことなどお気軽にご相談ください。当社が代わりの窓口となって店舗様と交渉します。

以下がLINEでの応募フォームになります。

ラウンジやキャバクラの面接と体入もスムーズに案内します。

LINEアイコン

ギャラ飲みやパパ活のデメリットとは?

ギャラ飲みとは?

ギャラ飲みという言葉が流行していますが、聞いても内容はピンとこない人もいるかと思います。

ギャラ飲みとは簡単に言えば「時給が発生する飲み」のことです。派遣キャバクラのようなものですが、間にお店が入らないので比較的時給は高く、お店の評判なども気にする必要が無い気軽なアルバイトと言えます。

これが飲み会などではなく、個人で食事やお酒の相手をすることでギャラ(パパ活の場合はお手当とも言う)をもらうようになると「パパ活」などと呼ばれます。

パパ活の場合は主に気に入った相手とデートをするだけのものが基本でギャラには月給制とその都度○円の二種類が基本です。体の関係が無いことを基本的にはパパ活と言い、体の関係がある関係はまた違う物と考える人が多いですが、認識はそれぞれです。

定期的な関係(週1回、月に3回など)が多く、長く続くとギャラとは別にプレゼント(アクセサリーやバック、洋服など)や旅行をプレゼントされることもあります。

今回はそんなギャラ飲みやパパ活をする際に注意すべきこと、デメリットについて紹介します。

出会い系として使う人もいます

ギャラ飲みの相手探しにはアプリなどを使うことが多いかと思います。

このアプリなどでよくある話なのですが、お金を払う=体の関係込みと思っている人も一定数存在します。基本は綺麗に飲まれる方が多いのですが、そのような人に当たった場合ははっきりと断る事が大切です。

アプリの利用規約にも書いてありますし、個人間の契約だったとしても「ギャラ飲み」の一般的な定義の中に体の関係は含まれません。

アプリ経由でしたらアプリでもしっかり通報をしましょう。他の人がいる前で「ギャラ飲みの契約でしたよね?」と揺さぶりをかけるのも効果的です。もしまだギャラを受け取っていない時にはギャラを受け取りやすくなります。

アプリを通している場合でも延長の時は女の子との交渉で・・・というアプリが多いですが、そんな中延長交渉に応じてしまうと、本当に危険です。

お金が入らないのはまだマシで、カラオケや酷いときには障害者用トイレに連れ込まれレイプまがいのことをされる場合もあります。

アプリを通しての契約ならばアプリの時間内以外の契約は自己責任になります。
そんなことを予防するためにも、アプリ契約以外の時間は出来るだけ断る。お酒も飲み過ぎない事が大切です。
お店を通さない分、自分の身を守れるのは自分だけになりますので注意して行動しましょう。

お金を払わない人にも注意

個人間の契約でよく聞くことですが、飲むだけ飲んでおいてお金を払わない人もいます。

女の子を酔いつぶして逃げようとする人はよくいますが、他にもお金を入れた封筒に封をしてその場で確認できなくさせるとか、中身は子供銀行券(お札サイズ)だったり、お金を見せて安心させて渡すけど後で女の子が封を開けてみると一番上のお金だけ本物であとはお札型のメモ帳だったなどという例は実際にあります。

ということが実際にありました。
本当に卑劣な行為ですが、一定数こちらの仕事を踏みにじってくる方はいます。

きちんと確認することが非常に大切です。

キャバクラ、ラウンジなどの面接の無料カンタン申し込み

◇LINEで友達に追加◇
まずはLINEで友達追加をしていただきます。
追加していただいたらご希望の条件や希望の店舗が決まっている場合は希望店舗、をメッセージにて送信していただきます。
(参考)
どんな店舗があるのか分からない。どういう条件待遇があるのかもさっぱり分からないという場合でも問題ありませんので、希望のエリアなどの分かる範囲で希望をお伝えください
 ↓
◇面接日設定◇
面接の希望日をお伝えください。スケジュール調整した上で、日時を決定します。
 ↓
◇面接の当日◇
面接の当日は当社のスタッフが約束の日時場所に迎えにいきます。店舗までご案内するのはもちろんのこと、必要であれば面談を行ってご相談の上で面接に行く店舗を決めることもできます。履歴書は不要です。
 ↓
◇面接終了後の流れ◇
面接終了後は結果がわかりしだい合否をお伝えします。
不採用の場合他の店舗やエリアをご提案いたします。
採用の場合は体験入店の希望日をお伝えください。スケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇体験入店の当日◇
顔写真つきの身分証は必ずご持参ください。
また当日確認のご連絡をしますので必ずご返信をお願いします。キャンセルもしくはリスケ希望の場合も遠慮せずお気軽にご報告ください。日程変更の調整をします。
 ↓
◇体験入店の後◇
合否がわかり次第報告します。不採用の場合は他の店舗のご提案もいたします。採用の場合、本入店の希望日をお伝えください。もちろん採用の場合も更に他の店舗も見たいから保留とかでも問題ありません。
 ↓
◇入店以降のサポート◇
入店後も「客層の雰囲気が合わない」「提示された待遇が最初の話と違う」など、働きだして感じたことなどお気軽にご相談ください。当社が代わりの窓口となって店舗様と交渉します。

以下がLINEでの応募フォームになります。

ラウンジやキャバクラの面接と体入もスムーズに案内します。

LINEアイコン

給料未払いにあった時の対処法とは?

時々ある給料未払い?

稼げる仕事としてとても魅力があるキャバクラですが、残念ながらきちんとした優良店ばかりではないのが現実です。

良い店なら女性が楽しく働けるようお店側も心を尽くすものですが、そうでない店の場合、給料をごまかしたり、辞めることを伝えると、「不正退店だから今月の給料はないよ」などとうそぶいたり、といったことも起きがちです。

お金のトラブルが起きると、キャバ嬢の方がどうしても立場が弱くなってしまうので、そのまま泣き寝入り…ということも多々あるようです。

泣き寝入りしてしまうとこうした不誠実なお店の逃げ勝ちとなり、真面目に働いていたキャバ嬢が損をしてしまいます。そこで今回は未払いにあった時の対処法についてお伝えします。

トラブルは起きるものと想定しておく

何事にも準備は肝心。万が一のトラブルに備えで普段から記録を取っておくようにしましょう。

例えばタイムカードがある店は、入と出の時間が打刻された画像を写真として取っておきましょう。ない場合は、手帳に記入しておくなどの対策も有効です。指名の実績やドリンクなども記録しておくと、給料がごまかされているのが分かる場合もあります。

あとでトラブルにならないようになるべく日払いで貰うというのも一つの手です。

また、交渉のときにやり取りを録音できるようにしておきましょう。実際に言った言葉の記録は、後でかなり威力を発揮する場合があります。

未払いにあった時の対処法

「給料を払って下さい」と訴えても取り合ってもらえなかったり、電話してもお店が出なかったりした場合には、まず内容証明を送ります。

いつからいつまでこれくらい働いたのに、貰えるはずの給料~万円が未払いであり、払ってほしいというあなたの要求を書面にしたものです。内容は難しいものではありませんので誰でも書けます。

書面は3通、相手に送る分と、自分の控えと、郵便局で保管するためのものが必要です。内容証明を送ることによってあなたがお店に対してこういう内容を訴えているという証明になります。

内容証明を送っても、無視されれば終わりですが、とりあえずあなたが行動を起こしたという証明になります。

次に労働基準監督署に相談するという手があります。

労働基準監督署は、給料の未払いなど労働に関するトラブルで困っている人が相談出来る機関ですが、相談すればトラブルが解決する、という過度な期待をしてはいけません。

労基署の人はまず「自分で頑張って交渉しましょう」「そういう悪質な店は多いから、指導したり裁判したりは出来るけど、あなたも大変だよ」と、事なかれ主義的なことを言ってくるかもしれません。

ところがこういう場面で内容証明を既に送ったこと、裁判も辞さないこと、裁判になった時に備えて証拠もそろえていることなどを伝えると、あなたの本気度が伝わります。態度がコロッと変わって解決策を真剣に考えてくれるでしょう。

本気度を伝えるためにも、直接足を運びましょう。労基署の人も人間ですので電話越しだと、「まあやめておきなさい」的なことを言いやすいですが、実際に困っている人が目の前にいれば、助けてあげたくなるのが人情です。

ちなみに行くべきなのは店が属する地域の労基署になります。

労基署はお店に対して「給料をきちんと支払うように」という指導をしてくれます。強制力はありませんので、店側が応じなければおしまいですが、お店側にもあなたの本気度は伝わるでしょう。この時点で払ってくれることも多いです。

お店が潰れてしまっている場合も対策があります。
実は未払いの賃金を国が立て替えてくれる制度があって、キャバクラの場合でも適用できるかもしれません。ただし全額ではありませんので、それは覚悟しておかなければなりません。この場合6か月以内であることが条件なので、お店を辞めた後は早めに行動しましょう。

最後の最後の手段が少額訴訟を起こすことです。

少額訴訟は、話し合いで解決しないトラブルの相手を法的に訴えるための手段です。お金もあまりかからず、比較的短時間で解決出来ます。

また自分のお客様に弁護士などがいればもしかしたら格安であなたを助けてくれるかもしれませんのでどんどん利用しましょう。

キャバクラ、ラウンジなどの面接の無料カンタン申し込み

◇LINEで友達に追加◇
まずはLINEで友達追加をしていただきます。
追加していただいたらご希望の条件や希望の店舗が決まっている場合は希望店舗、をメッセージにて送信していただきます。
(参考)
どんな店舗があるのか分からない。どういう条件待遇があるのかもさっぱり分からないという場合でも問題ありませんので、希望のエリアなどの分かる範囲で希望をお伝えください
 ↓
◇面接日設定◇
面接の希望日をお伝えください。スケジュール調整した上で、日時を決定します。
 ↓
◇面接の当日◇
面接の当日は当社のスタッフが約束の日時場所に迎えにいきます。店舗までご案内するのはもちろんのこと、必要であれば面談を行ってご相談の上で面接に行く店舗を決めることもできます。履歴書は不要です。
 ↓
◇面接終了後の流れ◇
面接終了後は結果がわかりしだい合否をお伝えします。
不採用の場合他の店舗やエリアをご提案いたします。
採用の場合は体験入店の希望日をお伝えください。スケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇体験入店の当日◇
顔写真つきの身分証は必ずご持参ください。
また当日確認のご連絡をしますので必ずご返信をお願いします。キャンセルもしくはリスケ希望の場合も遠慮せずお気軽にご報告ください。日程変更の調整をします。
 ↓
◇体験入店の後◇
合否がわかり次第報告します。不採用の場合は他の店舗のご提案もいたします。採用の場合、本入店の希望日をお伝えください。もちろん採用の場合も更に他の店舗も見たいから保留とかでも問題ありません。
 ↓
◇入店以降のサポート◇
入店後も「客層の雰囲気が合わない」「提示された待遇が最初の話と違う」など、働きだして感じたことなどお気軽にご相談ください。当社が代わりの窓口となって店舗様と交渉します。

以下がLINEでの応募フォームになります。

ラウンジやキャバクラの面接と体入もスムーズに案内します。

LINEアイコン

キャバ嬢がもらって嬉しい誕生日プレゼントとは?

お客様からのプレゼントは役得?

キャバ嬢をやっていると一年を通して様々なイベントがあります。
そのなかでも誕生日は特に大切なイベントです。疎遠だったお客様をお店に呼ぶ口実になりますし、人気キャバ嬢になると店舗自体が誕生日イベントを開催して大々的に祝うこともあります。

今日は実際に誕生日にどんなものを貰ったのか、さっそく紹介していきましょう。

どんなものが多いのか?

一般的にはアクセサリーや化粧品などの消耗品が多いようです。

アクセサリー類だとネックレス、ピアス(アクセサリー類)、バッグ、財布、時計など
特に、時計とバッグは高額なプレゼントが用意される傾向があります。

また化粧品/消耗品などの場合はコスメ、美容グッズ、ケアグッズ、ボディークリーム、入浴剤、香水、ハンドタオル、ハンカチなどが多いです。

特にコスメなどの消耗品はもらって困るものではありませんし、コスト的にも決して高いものではありませんのでお客様にきちんと自分が使っているブランドや好みなどを伝えておいて催促してもトラブルに巻き込まれることもないので安全です。

下手にもらうと危ないものもあります

「こんなものあるの?」と思うかもしれませんが、プレゼントとして渡されて困ったものも例に挙げていきます。

例えばお客様の部屋の合鍵をもらったという話もあります。これは意外と貰ったことがある方がいるそうですが、反応に困りますね。

次にリッチなお客様だと車やマンションという例もあります。この手のものは盗聴器GPSの心配があるので受け取れない、場所をとる。維持費や税金等の経費がかかるので困るところですが、お客様がお金持ちの場合はこういうものを買ってあげると言われることもありますので以前に対処しておきましょう。

ちなみに下着などという下心が丸見えで引いてしまう、気持ち悪い例もあります。

また実は現金をもらうのも案外危険です。好きなように使えるので嬉しいとの声もありますが、思わぬトラブルにもなりかねないので賛否両論です。

キャバクラ、ラウンジなどの面接の無料カンタン申し込み

◇LINEで友達に追加◇
まずはLINEで友達追加をしていただきます。
追加していただいたらご希望の条件や希望の店舗が決まっている場合は希望店舗、をメッセージにて送信していただきます。
(参考)
どんな店舗があるのか分からない。どういう条件待遇があるのかもさっぱり分からないという場合でも問題ありませんので、希望のエリアなどの分かる範囲で希望をお伝えください
 ↓
◇面接日設定◇
面接の希望日をお伝えください。スケジュール調整した上で、日時を決定します。
 ↓
◇面接の当日◇
面接の当日は当社のスタッフが約束の日時場所に迎えにいきます。店舗までご案内するのはもちろんのこと、必要であれば面談を行ってご相談の上で面接に行く店舗を決めることもできます。履歴書は不要です。
 ↓
◇面接終了後の流れ◇
面接終了後は結果がわかりしだい合否をお伝えします。
不採用の場合他の店舗やエリアをご提案いたします。
採用の場合は体験入店の希望日をお伝えください。スケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇体験入店の当日◇
顔写真つきの身分証は必ずご持参ください。
また当日確認のご連絡をしますので必ずご返信をお願いします。キャンセルもしくはリスケ希望の場合も遠慮せずお気軽にご報告ください。日程変更の調整をします。
 ↓
◇体験入店の後◇
合否がわかり次第報告します。不採用の場合は他の店舗のご提案もいたします。採用の場合、本入店の希望日をお伝えください。もちろん採用の場合も更に他の店舗も見たいから保留とかでも問題ありません。
 ↓
◇入店以降のサポート◇
入店後も「客層の雰囲気が合わない」「提示された待遇が最初の話と違う」など、働きだして感じたことなどお気軽にご相談ください。当社が代わりの窓口となって店舗様と交渉します。

以下がLINEでの応募フォームになります。

ラウンジやキャバクラの面接と体入もスムーズに案内します。

LINEアイコン

キャバ嬢がクレジットカードを持つ方法とは?

ナイトワークでも作れます

お客様がクレジットカードで支払っていて、羨ましくなった…ナイトワークで働いている皆さんなら、そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

クレジットカードを作ってみたいけど、水商売だと審査を通らないとお悩みではありませんか?

キャバ嬢やホステスだからといって、クレジットカードを諦める必要はありません。上手くやれば審査を通ることは不可能ではありません。

本日はナイトワークで働いていてもクレジットカードの審査を通りやすくする方法についてご紹介します。

勤務先に「信用」が必要

カードの審査で重視されるのが、「どんなところに勤めているか?」ということですがこれは昼職でもナイトワークでも一緒です。法人企業で複数のチェーン店なのか、個人が経営している店かによって、審査の通りやすさは異なります。

例えば銀座や六本木などで長く営業しているキャバクラやクラブなどは、それなりに経営がしっかりしているとみなされるでしょう。逆に、ころころ店名を変えたり、実績が数か月だったりする会社だとお店の信用はあまりないと思われてしまうかもしれません。

アリバイ会社を置いている店もありますが、書類に書いた情報に虚偽があるとバレると、まず審査は通りません。リスクが高い方法ですので、使うのはあまりお勧めはできません。

とはいえそのアリバイ会社がナイトワークを経営している会社がきちんと経営している実体のある会社であれば、その会社の事務職のOLとして働いていることにしてもらえますので使い勝手は良いかもしれません。

要は勤務先とされる会社に信用があれば問題はありませんので。

安定した収入が必要

これも昼職、ナイトワークに共通することですがアルバイトよりも正社員の方が、審査の通りはよいです。たとえ昼職でもアルバイトだと審査は通りにくいです。

しかし仮にアルバイトでも長く安定して勤めている職場なら、OKの場合もあります。

大事なのは本当に勤めているかどうかを確認するために、勤務先に電話して確かめる「在籍確認」の時に会社(お店)がきちんと対応してくれるかどうかです。仮に本人が不在でも「今席を外しています」などと答えられれば、お店に勤めている証拠とみなされます。

水商売の人の場合、念のため、店長やお店の人に「確認の電話がかかってくるかも」と話しておくといいかもしれません。

そして収入の証明には、源泉徴収票がベストです。きちんと確定申告を行っている人なら、その書類が所得の証明となります。

ですがこれらの書類は、1年以上勤めないと手に入らないものなので、勤め始めてから1年未満の人は、給与明細を提出できる状態にしておきましょう。

収入の証明が出来れば、キャバ嬢など水商売の人でも、審査を通ることは可能です。

キャバクラ、ラウンジなどの面接の無料カンタン申し込み

◇LINEで友達に追加◇
まずはLINEで友達追加をしていただきます。
追加していただいたらご希望の条件や希望の店舗が決まっている場合は希望店舗、をメッセージにて送信していただきます。
(参考)
どんな店舗があるのか分からない。どういう条件待遇があるのかもさっぱり分からないという場合でも問題ありませんので、希望のエリアなどの分かる範囲で希望をお伝えください
 ↓
◇面接日設定◇
面接の希望日をお伝えください。スケジュール調整した上で、日時を決定します。
 ↓
◇面接の当日◇
面接の当日は当社のスタッフが約束の日時場所に迎えにいきます。店舗までご案内するのはもちろんのこと、必要であれば面談を行ってご相談の上で面接に行く店舗を決めることもできます。履歴書は不要です。
 ↓
◇面接終了後の流れ◇
面接終了後は結果がわかりしだい合否をお伝えします。
不採用の場合他の店舗やエリアをご提案いたします。
採用の場合は体験入店の希望日をお伝えください。スケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇体験入店の当日◇
顔写真つきの身分証は必ずご持参ください。
また当日確認のご連絡をしますので必ずご返信をお願いします。キャンセルもしくはリスケ希望の場合も遠慮せずお気軽にご報告ください。日程変更の調整をします。
 ↓
◇体験入店の後◇
合否がわかり次第報告します。不採用の場合は他の店舗のご提案もいたします。採用の場合、本入店の希望日をお伝えください。もちろん採用の場合も更に他の店舗も見たいから保留とかでも問題ありません。
 ↓
◇入店以降のサポート◇
入店後も「客層の雰囲気が合わない」「提示された待遇が最初の話と違う」など、働きだして感じたことなどお気軽にご相談ください。当社が代わりの窓口となって店舗様と交渉します。

以下がLINEでの応募フォームになります。

ラウンジやキャバクラの面接と体入もスムーズに案内します。

LINEアイコン

ガールズバーで働くデメリットとは?

「接待行為」はないものの

ガールズバーはカウンター越しで働けるのでお客様にお触りをされる心配がない、「接待」ではなく「接客(要は居酒屋の店員などと一緒)」なのでお客様と連絡先を交換する必要もなければ、営業をする必要もない、私服で自由に働けるなどたくさんのメリットがあります。

しかし同時にガールズバーで働くことのデメリットも知っておいた方がいいです。
本日はガールズバーで働く際のデメリットについて説明します。

勤務時間が長い

ガールズバーは勤務時間が長い傾向にあります。法律の縛りがあって深夜営業ができないキャバクラが5時間くらいの勤務が平均的であるのに対して、ガールズバーは基本的に早朝までの営業が多いので8時間勤務という場合が多くあります。

さらに勤務中は基本的に立ちっぱなしなので、脚が痛くなってくることもあるようです。ガールズバーは体力勝負の職場ともいえるでしょう。

この辺りにはちょっとした工夫で対処する必要があります。

ガールズバーの中にもお店のスタイルやシフトの組み方などによって、さまざまな働き方ができるケースがあります。たとえば、一日2時間から3時間の短期勤務を許容しているような店、終電までで上がれるようなお店もあるのです。

また立ちっぱなしで脚が痛くなるというデメリットに対しても、カウンター内では疲れにくい低いサンダルを履いていても良いというお店もあります。

面接の時点でそのお店のルールを確認して柔軟なスタイルで働けるかに注意しておけば、体力がなくとも充分に働いていくことができます。

お酒に強くないと稼ぎにくい

ガールズバーの仕事内容には、お客様に自分のドリンクを奢って貰って、会話をしながらお酒に付き合うというものがあります。

女性スタッフのドリンクは一杯あたり1000~2000円と割高に設定されています。そのドリンクを奢って貰うことで、その内の半分くらいをバックとして受け取ることができます。

これは反対に見るとお酒に弱いと歩合給が多く貰えないということになります。時給がキャバクラなどより安い分バックで稼げないと居酒屋バイトと収入が変わらなくなってしまいます。

この点にも対処法はあってソフトドリンクを奢ってもらうという手があります。
また少々ずるいですがお酒をつくるのは自分自身なわけですから、カクテルやサワーを注文してもらってわざと薄いお酒を作ってごまかすという対処法もあるのです。

キャバクラに近いお店には注意

ガールズバーの仕事内容とは、カウンター越しにお客様とのお喋りです。しかしガールズバーの中にはキャバクラに近いサービスを売りにしているところもあります。

露出の高いコスチュームを身に付けるように言われたり、お客様のお触りを許したりしている店もあるのです。

この注意点に対処する方法としては、勤務する前に、そのお店がどんなところかをきちんと見定めておくと良いでしょう。いきなり入店するのではなく体験入店をしてみたり、事前にお店の周りを歩いてみたりして過激なサービスを売りにしていないかをきちんと確認しておけば大丈夫です。

キャバクラ、ラウンジなどの面接の無料カンタン申し込み

◇LINEで友達に追加◇
まずはLINEで友達追加をしていただきます。
追加していただいたらご希望の条件や希望の店舗が決まっている場合は希望店舗、をメッセージにて送信していただきます。
(参考)
どんな店舗があるのか分からない。どういう条件待遇があるのかもさっぱり分からないという場合でも問題ありませんので、希望のエリアなどの分かる範囲で希望をお伝えください
 ↓
◇面接日設定◇
面接の希望日をお伝えください。スケジュール調整した上で、日時を決定します。
 ↓
◇面接の当日◇
面接の当日は当社のスタッフが約束の日時場所に迎えにいきます。店舗までご案内するのはもちろんのこと、必要であれば面談を行ってご相談の上で面接に行く店舗を決めることもできます。履歴書は不要です。
 ↓
◇面接終了後の流れ◇
面接終了後は結果がわかりしだい合否をお伝えします。
不採用の場合他の店舗やエリアをご提案いたします。
採用の場合は体験入店の希望日をお伝えください。スケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇体験入店の当日◇
顔写真つきの身分証は必ずご持参ください。
また当日確認のご連絡をしますので必ずご返信をお願いします。キャンセルもしくはリスケ希望の場合も遠慮せずお気軽にご報告ください。日程変更の調整をします。
 ↓
◇体験入店の後◇
合否がわかり次第報告します。不採用の場合は他の店舗のご提案もいたします。採用の場合、本入店の希望日をお伝えください。もちろん採用の場合も更に他の店舗も見たいから保留とかでも問題ありません。
 ↓
◇入店以降のサポート◇
入店後も「客層の雰囲気が合わない」「提示された待遇が最初の話と違う」など、働きだして感じたことなどお気軽にご相談ください。当社が代わりの窓口となって店舗様と交渉します。

以下がLINEでの応募フォームになります。

ラウンジやキャバクラの面接と体入もスムーズに案内します。

LINEアイコン

ガールズバーで働くことのメリットとは?

時給は安めでもメリットはある

ガールズバーとは、働いている店員が女性で、お酒だけでなく、女性スタッフとのトークも提供しているバーのことを言います。

「バー」と名がついている通り、働いている女性は「バーテンダー」扱いです。ホステスやキャバ嬢ではありません。ですので普通のバーテンダーと同じようにカウンターから出てくることはありません。

あくまでバーですから、仕事内容には、同伴やアフターは含まれませんし、営業の電話やメールも仕事内容に含まれません。

このように接待行為がないので時給の水準はキャバクラなどよりは低め(1500-2500円)になります。

その代わりにキャバクラのように私生活に仕事が分け入ってくることはありませんので、仕事時間以外で、お客様とメールしたりLINEしたりなどの何らかの業務をする必要はないのです。するべき仕事内容としてはお客様が来店されたら、オーダーされたお酒を作って、会話のお相手をすると考えておけば間違いありません。

今日はそんなガールズバーで働くメリットを紹介します。

メリット:お触りがない

何よりも大きなメリットは、男性からお触りをされる危険がないということにあります。お客様の隣に座るキャバクラなどでは、ルール上は禁止されてはいるものの体に触られてしまいがちです。

キャバクラとは違ってガールズバーはカウンターが壁となってくれます。あくまで仕事内容は接客業のバーテンダーになります。

この「ガールズバーは接客業としてお店を経営」という点が重要です。お客様にお触りを許してしまうと、接客業でありながら仕事内容として「接待」をしたことになり、違法行為になるのです。

キャバクラとして営業許可を取っているわけではないので、実は法律にもきちんと守られています。

メリット:私服で髪型も自由

ガールズバーはカジュアルに働けるメリットもあります。

キャバクラなどのナイトワークでは、服装がドレス必須であったり、メイクや髪型も細かく指定(出勤前のヘアメイクはほぼ必須)されたりするケースがほとんどです。

これに対しガールズバーは私服勤務が基本です。そのため、大学が終わったあと、昼職が終わった後にそのままの格好で働いているような女性もいます。

中には、少しセクシーな私服で働いている女性スタッフもいますが、強制はされません。自分らしい服装で働けるのがガールズバーです。

コンセプトを決めているガールズバーや、コスプレをしなくてはならないガールズバーも時々ありますが、この場合は時給が相場より高めになります。

時給以外にバックもあります

ガールズバーはナイトワークの中では正直にいうと時給が安いです。金銭的には物足りないと感じる人もいるのではないでしょうか?

ところがガールズバーには基本給である時給にプラスして、歩合給(バック)というものがあります。歩合給は、お客様に指名して貰ったり、ドリンクなどを注文してもらったりしたときに発生します。

ですのでもし「ガッツリ稼ぎたい!」というやる気のある人であれば、ドリンクの注文などをコツコツ多く取るようにしていれば、時給の安さを十分にカバーできるメリットがあります。

人によってはキャバクラと同じくらい稼げるというのがガールズバーのメリットです。

キャバクラ、ラウンジなどの面接の無料カンタン申し込み

◇LINEで友達に追加◇
まずはLINEで友達追加をしていただきます。
追加していただいたらご希望の条件や希望の店舗が決まっている場合は希望店舗、をメッセージにて送信していただきます。
(参考)
どんな店舗があるのか分からない。どういう条件待遇があるのかもさっぱり分からないという場合でも問題ありませんので、希望のエリアなどの分かる範囲で希望をお伝えください
 ↓
◇面接日設定◇
面接の希望日をお伝えください。スケジュール調整した上で、日時を決定します。
 ↓
◇面接の当日◇
面接の当日は当社のスタッフが約束の日時場所に迎えにいきます。店舗までご案内するのはもちろんのこと、必要であれば面談を行ってご相談の上で面接に行く店舗を決めることもできます。履歴書は不要です。
 ↓
◇面接終了後の流れ◇
面接終了後は結果がわかりしだい合否をお伝えします。
不採用の場合他の店舗やエリアをご提案いたします。
採用の場合は体験入店の希望日をお伝えください。スケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇体験入店の当日◇
顔写真つきの身分証は必ずご持参ください。
また当日確認のご連絡をしますので必ずご返信をお願いします。キャンセルもしくはリスケ希望の場合も遠慮せずお気軽にご報告ください。日程変更の調整をします。
 ↓
◇体験入店の後◇
合否がわかり次第報告します。不採用の場合は他の店舗のご提案もいたします。採用の場合、本入店の希望日をお伝えください。もちろん採用の場合も更に他の店舗も見たいから保留とかでも問題ありません。
 ↓
◇入店以降のサポート◇
入店後も「客層の雰囲気が合わない」「提示された待遇が最初の話と違う」など、働きだして感じたことなどお気軽にご相談ください。当社が代わりの窓口となって店舗様と交渉します。

以下がLINEでの応募フォームになります。

ラウンジやキャバクラの面接と体入もスムーズに案内します。

LINEアイコン

ガールズバーのバイトが人気である理由を、そのお仕事内容の特徴から説明しました。ノルマももなく、ペナルティーもない気軽さがガールズバーバイトならではのメリットとして若い女性から高い人気を誇っています。

このように業種によって独自の魅力やメリットがありますが、業種ごとにそのバイトのやりがいや魅力について専門的に解説しているバイト求人情報サイトを紹介したいと思います。ラウンジビップというサイトですが、ラウンジやガールズバー、キャバクラといったナイトワークのバイト情報を各業種ごとにまとめてあり、未経験者にも分かりやすいように、業種ごとにそのお仕事内容の仕組みや魅力、他業種にないメリットを解説してあり、こういった方にオススメという判別テストも、実際の体験者インタビューをもとに公開しています。また、ラウンジビップでは、流行に敏感な若い女性に最新の人気バイト情報を最速でお届けしている点も魅力となっています。たとえば、恵比寿や六本木のラウンジのバイトの面接応募に若い女性が殺到しているという現象にもいち早く応え、恵比寿六本木の人気ラウンジのバイト情報を網羅したコンテンツサービスもいち早くお届けしています。ぜひともご参考ください。ラウンジビップは厚生労働省認可の有料職業紹介事業許可も得ている社会的信頼性の高いサイトですので、安心のフォロー体制も魅力です。

恵比寿・六本木で人気のバイト

ガールズバーの仕事内容ってどんな感じ?

ガールズバーってどんなところ?

ガールズバーと聞くと水商売の中でも安全そうな印象を持つ方が多いのではないでしょうか? 

とはいえ実際の仕事内容がどのようなものなのかがピンとこない方も多いはずです。
そこで今回はガールズバーの特徴をまとめてみました。
ガールズバーで働きたいと思っている方は、自分に合っているかを考えながらチェックしてみましょう。

接客はカウンター越し

男性とお酒を飲みながら、会話をするのが仕事と言われるとキャバクラやラウンジと同じなのではないかと考える方もいるでしょう。

確かにお客様と会話を楽しむのは同じですが、これらのナイトワークとガールズバーでは接客がカウンター越しであるという点に決定的な違いがあります。

クラブやラウンジではお客様の隣に座って接客(これを「接待」と言います)をします。そのためお客様から体を触られることもないとは言えません。

反対にガールズバーではカウンター越しに接客をするため、男性から触れられることはありません。また、お酒を大量に飲まされそうになったり、連絡先を訊かれたりしてもカウンターが壁となり、かわしやすい傾向にあるので「接待」を伴うキャバクラなどよりは負担が少ないです。

キャバクラより居酒屋に近い?

ガールズバーは「接待」業ではなく、あくまで「接客」業なのが特徴です(これのおかげで深夜も営業できて、朝まで働いても違法にならない)。

「接待業」では個人単位で特定の男性をお相手しますが、ガールズバーは「接客業」ですので、スタッフ同士が協力し合いながら楽しい空間を作りあげていきます。

キャバクラのように売上競争が激しく、女性同士がライバルとしてお客様を取り合うことはありません。グループのお客さんが来た場合は、複数名でお相手をすることもあります。女性同士が和気あいあいと働いていて、トラブルがあればスタッフ全員で対処します。

そういう意味では水商売というより、サービスの良い居酒屋のような職場だとも言えるかもしれないです。

時給の相場は?

ガールズバーは接待業ではなく接客業ですのでキャバクラのような高時給は出ません。

しかし飲食店などの通常の接客業に比べると、高い傾向にあります。地域によって差がありますが、大体1800円から2500円くらいのところが多いようです。

同じ夜の仕事であるキャバクラなどと比べると、安い気もするかもしれませんが、安全面や接客のハードルの低さを考えると、仕事内容に比べて時給相場は大変高いといえるでしょう。

日払いをしているガールズバーも多く、働いたその日に給与を貰うことも可能です。

キャバクラ、ラウンジなどの面接の無料カンタン申し込み

◇LINEで友達に追加◇
まずはLINEで友達追加をしていただきます。
追加していただいたらご希望の条件や希望の店舗が決まっている場合は希望店舗、をメッセージにて送信していただきます。
(参考)
どんな店舗があるのか分からない。どういう条件待遇があるのかもさっぱり分からないという場合でも問題ありませんので、希望のエリアなどの分かる範囲で希望をお伝えください
 ↓
◇面接日設定◇
面接の希望日をお伝えください。スケジュール調整した上で、日時を決定します。
 ↓
◇面接の当日◇
面接の当日は当社のスタッフが約束の日時場所に迎えにいきます。店舗までご案内するのはもちろんのこと、必要であれば面談を行ってご相談の上で面接に行く店舗を決めることもできます。履歴書は不要です。
 ↓
◇面接終了後の流れ◇
面接終了後は結果がわかりしだい合否をお伝えします。
不採用の場合他の店舗やエリアをご提案いたします。
採用の場合は体験入店の希望日をお伝えください。スケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇体験入店の当日◇
顔写真つきの身分証は必ずご持参ください。
また当日確認のご連絡をしますので必ずご返信をお願いします。キャンセルもしくはリスケ希望の場合も遠慮せずお気軽にご報告ください。日程変更の調整をします。
 ↓
◇体験入店の後◇
合否がわかり次第報告します。不採用の場合は他の店舗のご提案もいたします。採用の場合、本入店の希望日をお伝えください。もちろん採用の場合も更に他の店舗も見たいから保留とかでも問題ありません。
 ↓
◇入店以降のサポート◇
入店後も「客層の雰囲気が合わない」「提示された待遇が最初の話と違う」など、働きだして感じたことなどお気軽にご相談ください。当社が代わりの窓口となって店舗様と交渉します。

以下がLINEでの応募フォームになります。

ラウンジやキャバクラの面接と体入もスムーズに案内します。

LINEアイコン